平成30年度計画しているものです。

 ※当初の計画ですので、詳細は上の表より開催月を選んでください。
  
行事名 内容 回数
おもちゃの病院 壊れたおもちゃを子どもの目の前で分解し、そのからくりなどを見せながら修理する。メカニズムに興味を持ってもらうと共に、できる限り直して使い続ける事により、物を大切にする心を育む。 5月〜3月
(6回)
絵本だいすき!読み聞かせ 絵本の読み聞かせを中心に時にはペープサートやパネルシアターを楽しむ。ボランティアの読み聞かせ方を家庭でも参考に。おひざに抱っこで絵本を読んでもらう子どもの嬉しそうな笑顔が、親子の絆と本の楽しさを育んでいく。
くわしくはこちら
4月〜3月
(12回)
親子でリトミック 五感を大切にしながら、音楽と動きを結びつけることにより想像力・反応力・集中力・音感力・表現力などを育て、豊かな感受性を伸ばす。楽しく遊びながら、同年齢の子どもを持つ親同士のコミュニティ作りにも役立っている。(前期5回・後期5回) 5月〜2月
(10回)
泉区医師会共催
健康講座
隣接する泉区医師会との共催で、地域住民の健康づくりに貢献する医療講座を開催する。 12月
(1回)
ほのぼのコンサート 地域のボランティア団体のコーラスや演奏を聴いたり、歌唱指導のもと全員で童謡などを歌って参加したりほのぼの楽しい大人の音楽会。 1月
(1回)
キッズフェスタ! 子どもたちが地域や利用団体の大人とふれあい、センタースタッフとも楽しみながらものづくりをする子どものおまつり。 9月
(1回)
茶道教室 茶道の作法と和の心を学び、日常の暮らしにも取り入れられる略式の茶道から始める。 9月〜2月
(10回)
心に響く
センターシネマ
高齢者でも遠出することなく安心して映画を楽しめる場所を提供する。利用したことがないという地域住民にも地区センターを認識してもらう機会になる。できる限り心優しい映画を選ぶ。 6月
(1回)
キッズシネマ 子ども向けの楽しい映画を、身近な地区センターで安心・安全に観ることが出来る。 9月
(1回)
苦手克服
スポーツチャレンジ
苦手克服を後押しするスポーツ教室。コーチのちょっとしたアドバイスでコツがつかめる。夏休みに気軽に参加できる。 8月
(5回)
夏休みクイズラリー 夏休みの一定期間、センター内に掲示してあるクイズを探しながら解答用紙に答えを記入し、受付で答え合わせをする。全問正解するまで頑張ったらちょっとご褒美。
スタッフとのコミュニケーションも図れる。
7月〜8月
(夏休み中)
夏休み体験講座 自由研究の題材にもなるものづくり体験や、まるで捜査員になったような科学実験を体験する。 7月〜8月
(2回)
冬休み
お楽しみ観劇会
体育室にプロの劇団がやってくる。大きな舞台装置と目の前で繰り広げられる迫力ある生の舞台は、子どもたちをその世界に引き込んでいく。豊かな想像力が生まれる。
小学生以下にはプレゼントあり。
12月
(1回)
フラワーアレンジメント 季節を問わずにずっと飾って置けるプリザーブドフラワー使用のリース。
細長いビンの中でキラキラとした透明感あふれるフラワーアレンジ。おしゃれな「ハーバリウム」
4月・6月
(2回)
親子でお菓子の時間 親子で共同作業を楽しみながら季節のお菓子をつくる。 9月・2月
(2回)
かんたん
レザークラフト
気軽にできる基本的な革工芸。これをきっかけに本格的な作品に取り組むこともできる。 11月
(2回)
私だけのデザイン
「ポーセラーツ」
絵を描くのが苦手でも、シールのような転写紙をデザインするだけでオリジナルの作品ができる。
カップ&ソーサーなど日常使いもできるしギフトにも。
6月
(2回)
着付けとマナー ゆかたから始める着付けと、着装のマナーについても学ぶ。着物で迎えるお正月をめざしてみるのもいいかも。 6月〜12月
(6回)
神奈川県行政書士会
戸塚支部共催
「無料相談会
地域住民の安定した生活環境の為、相続・契約・各種許認可手続きなどに関する相談に無料で応じる。
住民への利便性を図る共催事業。 くわしくはこちら
4月〜3月
(12回) 
 泉区茶道協会共催
「お茶を楽しむ会
日本古来の伝統的な茶道文化の継承と未来に向けて、茶道の普及を目的とした共催事業。子供から高齢者まで、また初心者でもお茶の雰囲気を楽しめるひと時。 くわしくはこちら 4月〜3月
(9回 )
 立場地区センターまつり  自主事業及び利用団体の活動発表の場として作品展示や実技発表会を開催する。地域の連合会・活動組織・小中学校も参加し、利用者や地域住民の相互交流を図る。  2月
(2日間)