指定管理者 「和(なごみ)の会」


指定管理者制度とは

 2003年9月2日に地方自治法の一部が改正され、「公の施設」(社会福祉施設、スポーツ施設
 文化施設、野外研修施設、コミュニティ施設等)の管理運営に関して、指定管理者制度の導入に
 より、民間の事業者、NPO法人、ボランティア団体などを含めて広く公募し、よりふさわしい施設の
 管理者を決めていくことになりました。

「和の会」の紹介

 地域住民の方々が主体となった「まちづくり」の活動や「支えあい」活動を行うことが、地域の発展
 に欠かせない重要なことであります。
 そこで、ボランティア活動主体の中田・和泉中央連合自治会を中心にした「和の会」を設立し、
 2005年から地区センターの運営を通じて、区および地域社会と協働しながら、協働型社会の
 実現を図ろうとする団体です。

 設立年月   平成16年9月

 所在地     横浜市泉区中田北2-7-9 中田町会館

 理事長     日並 勇

 運営施設   立場地区センター
           中田コミュニティハウス
          葛野コミュニティハウス
          中和田コミュニティハウス

 館 長     細野 勇


  1)運営方針

   安全・健全な施設運営
   
   地域密着の施設運営
     地域住民の文化・芸術等幅広い文化活動の場として利用し、世代間交流や地域住民の
     交流促進施設として運営。

  2)運営計画

   地域連合自治会の地域性と特色を生かし、各種事業・イベントの充実を図る。
     
   自主事業の充実
     特に子供対象の事業充実。
   
  3)サービス向上
     
   利用者の高齢化に対応したシステム作り。

   安全第一をモットーにした施設確保と職員の対応

     

  4)地域・住民との連携

    地域連合自治会・学校・幼稚園・地域伝統文化継承団体と連携し、イベントの企画。

    地域住民・利用者代表による委員会を実施し意見要望を聴取。

    自主事業活動、サークル活動等での成果発表の機会を設ける。